志免町7つの魅力 〜7.これからも暮らしやすい「まち」〜

◎志免町のプロフィール

志免町は、福岡県の西部、福岡都市圏のほぼ中心に位置しており、福岡市また福岡空港に隣接した南北に細長い総面積8.69平方キロメートルの県下では3番目に小さな町です。山岳はなく、須恵町・宇美町・大野城市に接する東南の丘陵地、福岡空港をはさんで福岡市と接する西南の丘陵地、そしてこのふたつの丘陵地の間を福岡市・粕屋町へと広がる平坦地からなっています。 明治22年に田富・吉原・志免・南里・別府・御手洗の6カ村が合併し、新しい「志免村」となり、昭和14年に町制を発足し、「志免町」となりました。 戦前は海軍炭鉱、戦後は旧国鉄の志免炭鉱と、石炭の町として栄えていましたが、昭和39年の閉山でおおきな打撃を受け人口は約1万6000人まで減少しました。 しかし、福岡市の中心部まで約8キロメートルという地の利と温暖な気候に恵まれ、昭和40年以降は福岡市のベッドタウンとして住宅開発が進み、人口は着実に増加しました。現在、人口は4万5千人を超え、人口密度は5,007人/平方キロメートル(平成22年国勢調査)と全国の町村では第1位の町になりました。 町内には農地は少なく、工業団地には、機械、金属工業を中心として約170の事業所が立地しています。 また、近年では、町の動脈である近隣の市町村を結ぶ福岡東環状線や県道福岡太宰府線などの幹線道路沿いに大型ショッピング店舗等が進出するなど、新たな商業集積がみられます。

◎いわば「福岡市志免区」

志免町は、福岡県の北西部に位置し、福岡都市圏に属する糟屋郡7町の中のひとつで、福岡市に隣接しています。転入・転出などの住民異動が非常に多く、今もなお、人口が 増加傾向にあり、福岡市のベッドタウンとして発展を続けています。

◎福岡県からの交通アクセス

◎高まるニーズと期待

※出典:平成26年度福岡県市町村要覧

志免町に生まれ育った人や、志免町に移り住んできた人、また地域や団体や町に関わる人はさまざまですが、全ての人がやさしく一人ひとりが輝き、「住んで良かった」「住み続けたい」と思える志免町です。

◎人口推移のグラフ

データで見る志免町の暮らし

Q あなたの勤め先・通学先はどちらですか?

町内
糟屋郡内(志免町除く)
福岡市
その他
無回答
住民の約半数が福岡市に通勤・通学している

1.子育てに嬉しい「まち」2.快適が詰まった「まち」3.元気で優しい「まち」4.ちょうど良い「まち」5.どこに行くにも便利な「まち」6.お店がたくさんおいしい「まち」7.これからも暮らしやすい「まち」